バルクオムの口コミについて

 

もうどれくらい歩いてきたのか?街角に夏を飾る向日葵。面倒な恋を投げ出した過去思い出すたびに切なさ募る
忙しい毎日に溺れて素直になれない中で、忘れてた大切な何かに優しい灯が灯る

 

やがて来るそれぞれの交差点を、迷いの中立ち止まるけどそれどもまた人は歩き出す。

 

巡り合う恋心どんな時も自分らしく生きて行くのに貴方がそばにいれくれたら

 

ah夢から覚めたこれからもあなたを愛している

 

バルクオムの公式サイト

 

バルクオムの公式サイト